第2大島恵の園では、グループでの余暇活動とは別に、日中活動として作業や創作といった活動を行っています。お一人お一人の興味関心に出来るだけ添えるよう活動内容を工夫しています。出来上がった作品は、地域交流で販売したり、園内展示を行い、来園者の方に喜ばれています。

塩作り(さんそると)

image 私たちのグループは、大島ならではの活動として敷地内の別棟で海水を煮詰め、塩作りを行っています。必要な海水を汲み取って、釜で利用者とともに火をたき煮詰めていきます。全ての工程になんらかの形で利用者が参加していますが、ごみ取り作業は非常に根気が必要な作業です。添加物を一切使用せず凝縮された自然塩には、ほのかな甘みさえ感じられ、リピーター皆さんから「この次はいつ?」とお問い合わせをいただくのですが、なにぶんにも手作業なので・・・「幻の塩」になりつつあります。活動時は皆さん活き活きとした顔で参加されています。

石鹸作り(しぇいく)

image 現在しぇいくグループでは、石鹸作りをグループの活動として行っています。石鹸作りは、「石鹸に入れる葉の収集」と「石鹸作り」に大きく分かれており、その活動を利用者で分担して活動が成り立っています。今年度は新たに粘土を使った創作活動や海浜清掃などの新しい活動に取り組む予定です。

貝殻創作(はーべすと)

image 伊豆大島の弘法浜や野田浜には綺麗な貝殻が落ちており、まずは全員でドライブを兼ねてマイクロバスで拾いに行きます。拾う作業はほぼ全員が出来ます。拾った貝殻を持ち帰ったら、貝を真水で洗い流し、大小に選別し、活動に使える状態にします。その貝殻を使って、「亀の置物」や「靴ベラ」、自分たちの活動場所の看板つくりもしています。地域の行事やめぐみ祭りでは、展示・販売も行っており、椿の枝の靴ベラは大変好評でした。

絵画・創作(木工)

image 伊豆大島の風景をモチーフにした絵画や、椿の廃材を利用した靴べら、廃棄衣類を使った裂き折りマットなどなど、その活動フィールドは実に多彩。グループの枠を超え、お一人お一人が好きな活動を行っており、現在の当園の日中活動の柱になりつつあります。

園芸(ひらめき)

image 主に、近隣の散策や島唐辛子を畑で栽培しています。畑も利用者と協力して一から耕し、唐辛子の苗を植えています。散歩中に成長した唐辛子を見に、水やりをし日々の成長を楽しんでいます。今後も工夫を凝らして、いろいろな活動をしていきたいと思います。

リハビリ・散策・ドライブ(あくてぃぶ)

image 「外に出よう」を目標に、今年はリハビリ・散歩・ドライブの3本柱で日中活動を行っていきます。午前は、リハビリと散歩を行っています。リハビリは、理学療法士の指導に基づいて必要な方のみに実施しています。主に、足の拘縮緩和や姿勢の維持などを狙いとし、個人にあったリハビリを提供しています。散歩は全員参加を目標にしており、ひらめきグループと合同で活動を行っています。ルートは、施設から少し離れた恵の園目の前の交流広場です。季節ごとに変化を見せる木々や花々は利用者さんにとって四季を感じられる特別な時間のはずです。午後の活動は今年からドライブを行います。一口にドライブといっても、施設内でお菓子を作るレクで実際に利用者さんと職員が一緒にいろいろなお店、場所に出かけて買い物をするなど、地域交流も視野に入れたいろいろなスケールで考えています。外に出かけることで、地域との交流を行う、施設で一番アクティブなグループであり続けます。

旅行(島内・島外)

image 個別性を大切にしているのでマンツーマンか小集団を原則としています。そのため単年度での全員実施が出来ません。その分、行きたい所、体験したいことを担当職員とじっくり吟味した上で実施しています。島内ホテルの温泉でのんびりゆったりされる方、船や飛行機で島外に出かける方もいらっしゃいます。

クラブ活動

image 利用者のご希望に応じて、クラブ活動を行っています。現在、クラブの名称で行っているのは、「花かごクラブ」と「大島ウォーキングクラブ」。いずれも、地域の方と交流を図りながらの楽しい活動となっています。このほかにも「3B体操(ボール、ベル、ベルターといった用具を使った健康体操)」や「リンパヨガ」も人気の活動。「メイクとネイル」の時間は、女性利用者に大変人気の活動となっています。